未来を応援!ふくらむ夢ものがたりを「現実」にする

未来を応援!ふくらむ夢ものがたりを「現実」にする
今日はご近所のカフェでライティングしていました。そこのオーナーの女性とはお店がオープンしてから10年来のお付合いです。イベントも多く、地元の繋がりを感じられるアットホームな場所としてこれからもお世話になる予定です。

<広げるって意外に難しい>

オーナーの2人の女性に、カフェを起業した時のお話を聞いたのですが、最初は本当に大変な苦労があったそうです。【お店を開きました!】と伝える手段に四苦八苦したそうです。今では認知度の差を埋めることができるのはインターネットに他ならないとのこと。大きな会社でも小さなカフェやショップでも、ウェブの前では対等です。検索をかけてトップに出てくればたくさんの人に知ってもらえるチャンスを平等に手にすることができます。

実は私は、ウェブライターを始めたきっかけの一つが、フリーランスで働いたときに上手に宣伝できる力がほしいと思ったからです。言葉を使って人を呼び込むって想像しただけでもとても難しいもの。押しすぎるとうっとうしいし詐欺チックな雰囲気も出てしまいます。しかし原価のかからないコメント力で集客できれば、自分のビジネスプランを成功させることは一気に現実に近づき、夢ものがたりではなくなるのでは?と考えました。

<ウェブで夢を現実に>

私はフリーでレッスン教室を開きたいのですが、開校している情報がなければ絶対に生徒さんは集まりません。先生の人柄や活動内容も伝えてみて初めて通ってみたい場所と判断されますよね。たくさんの人に見てもらうためには興味のある範囲の人の目にとまる場所に興味を惹かれることばを綴らなければなりません。

コメントを操り上手に宣伝できる記事を手掛けることができれば、世間と大きなパイプをつなぐことができます。今後、ウェブライターは小さな成功者を生み出すキッカケになる職業ではないかしらと、わたしは職業そのものに大きな期待を抱いています。

<こんな人におすすめ>

ネット活用で大チャンスを掴めるのは以下のような夢を持っている人かな、と個人的に思います。

・起業している人
・売りたいものがある人
・イベントを計画していて人を集めたい人
・お店を持っている人
・自営の人

例えば私の母は占いができるのですが、殆どのお客様は今のところ口コミです。話題になりお客様が途切れることは今のところありませんが、ネットを活用してこんな占いをしていると宣伝できれば単価を上げることも可能だし、もしかしたら一緒にお店を出したいという共同経営の話も出てくるかもしれません。

<はばたく人を応援するネット社会>

夢が広がるチャンスも大きくなるネット社会はフリーランスな働き方が増えた今の日本にぴったりかもしれません。非正規雇用が40%にものぼる今こそ、ネット記事を活用しましょう。とにかく知ってもらうことからすべてが始まります。つながるキッカケを作るホームページ、自分で書くのは大変だという方は記事代行作成の会社に頼むこともできますので、一度探してみてください。

夢溢れる誰かを支えることもできるウェブライティング技術を身につけたいな~と考える、応援ライターの卵の一日でした。

豊かな人生を目指す!マルチな引き出しで「友達イロイロ」

豊かな人生を目指す!マルチな引き出しで「友達イロイロ」
今日は地元の大先輩のおうちにお邪魔してお茶をしていました。60代の先輩で私とは35歳近く離れており、もちろん敬語を使ってお話させていただいていますが、同年代のどの友人よりも気の合う、心を許してお話できる正真正銘のおともだちです。そんな大好きな先輩と、白髪染めの話題で盛り上がってしまいました。なぜかというと記事をライティングしていたから・・・だったのです。

<知らない世界を垣間みる>

ライターを始めてよかったことは全く関心のなかった知識が増えることです。自分からインターネットで調べる内容は偏りますが、仕事で調べてみて初めて知ること、関心が湧くことも実はたくさんあるのです。

20代の私には遠い話だった白髪染めの記事を書いたことで、自分がしている髪染めのことも興味を持つようになりました。父や母、祖母が使っている髪染めはカラダによいものだろうか?など今まで気にもとめなかった日常使いの製品に自然と興味が出てくるものなのです。

<世代も軽々超えられる>

そしてその効果は会話にも現れます。ご年配のおともだちと共通の話題ができ、話に花を咲かせることができました。「◎◎昆布のトリートメントが髪にいいらしいですね~。」なんて、自分の口から出てくるなんて不思議なものです。調べれば今注目されている新製品、ランキングや口コミなど情報はあふれるほどに出てくるので、すべてではなくても私の記憶にも残ります。

「これこれ、こんなの使っているのよ。」なんてお招きいただいたお家で実際使っている現品を見せてもらいました。その方が使用しているものは、髪を染めた後に入浴剤として全身つかることができるくらいカラダ想いの白髪染めなのだそうです。30記事近く書くために調べつくした私も知らない製品でした。勉強がまだまだ甘かったようです・・・反省です。そういえば前にも同じようなことがあったかも。

<妊婦さんの友人と>

葉酸サプリの記事を書いていたとき、たまたま今妊娠中のお友達とランチすることになりました。カフェインを避けるなど赤ちゃんを想って生活している彼女の姿を見て、最近葉酸サプリメントの記事を書く仕事をしているんだ~と思わず私から報告してしまいました。すると、彼女のカバンの中から、葉酸キャンディというものが出てきたのです。

私も妊娠中にサンプルをもらったことがありましたが、購入にはいたらずでした。今の妊婦さんは意識が高いようで、小腹みたしのおかしからも栄養補給を!と考えているようで。他にもいろんな妊婦さん用のドリンクやお菓子を持ち歩いており、彼女が知っていた効果や効能について、本当なのかな~~?なんて冗談も挟みながらお話ししました。そしておうちに帰ってから調べて、ああ、あれは本当なのね!なんて復讐がてらにライティングしました。

プライベートから学ぶことも多くある、人生と隣り合わせのウェブライティング。60代の女性と盛り上がるキッカケを作ってくれる、会話の幅が広がるお仕事なのです。自分の引き出しをもっと増やして人生のこやしにできればいいな~なんて、あまちゃんながらに考えております。

同年代からご年配の方、幼いお子様にも話題があうマルチな人間に近づけるように引き出しを増やし続けていきたいな~、と感じた一日でした。

通勤時間も有効活用!移動中もお仕事できる「ワタシ流」

通勤時間も有効活用!移動中もお仕事できる「ワタシ流」
今日の17時、納期です。・・・間に合わない!普段からウェブライティングの締め切り日を考えて生活しています。私はOLのお仕事と育児をしながらライターを始めたため、今回もぎりぎりだけどなんとか間に合わせるぞー!と気合いで仕事を進めています。早め早めに手掛ければいいのですがなかなか時間管理は難しいです・・・。上手な時間のやりくりはできないものかと今日も格闘の真っただ中でございます。

<インプット時間を作りたい>

1時間以上ある通勤時間に何かしらライターの仕事にプラスになることはできないものかと思い、資料の読み込みをすることにしました。本を読みながら、とあるサイトを読みながら、少しでも効率よくなるように今晩に書きたいネタを集める作業をしています。

しかし読み込み作業もできれば長い時間とりたいもの。10分ごとに乗りついでいてはなかなか頭に入るレベルの読み込みができないのです。集中できる方法を模索した結果、通勤電車の乗り継ぎなど無駄をなくしたら効率があがるのではないだろうか・・・!と考えるようになりました。

<電車の乗り方を変えてみた>

普通電車を2本乗り継いで会社へいくところを、ルートを大きく変更してみました。敢えて少し早めの電車に乗り、まず反対方向の終点の駅にいきます。終着駅から乗ると必ず座れるメリットもあり、さらに乗り継ぎのない準急で会社のある駅へ向かうことができます。遠回りにルートを変えることで毎日35分のインプット時間を確保することができました。子供たちもいない自分だけのとっても有意義な時間・・・と思いきや。

<朝の疲れをいやす時間に>

35分の準急での有意義なインプットタイムを作るため、まず子供たちを保育園に預ける時間を少し早くするところから生活リズムを変えなければなりませんでした。そのため、起きる時間も必然的に早くなってしまいます。

2人いる子供の0歳はもともと早起きですが、いたずら好きで起きてからは騒々しくなります。なるべくギリギリに起こしたいところですが、物音を聞きつけて嬉しそうに目覚めてしまいます・・・。一方で4歳の子は6時に起きるのは辛いようで、2階の寝室まで迎えに行っておんぶして連れてきます。2人とも起きた、ここからが勝負!朝ごはんにお着替えに歯磨きに保育園への送迎をするともうヘトヘトです。一仕事終えた気分になっています。

そんなこんなで保育園へ送り出し、ようやく一人きりになれた準急の電車の中ではライティング!と、そんなうまくはいかず、あぁ今日も爆睡してしまう・・・。こんなことは常なのです。

思うように自分も時間もコントロールできず、焦りばかりが毎日募っていく、そんなウェブライターの卵です。通勤時間ライターにはまだまだほど遠く。これから上手に時間を使って人生のエッセンスになるような情報を発信できるようにがんばりたい!そんな思いが今日もとことこ・・・独り歩きしております。

自分リズムを守る!充実ライフを獲得できる仕事えらび

自分リズムを守る!充実ライフを獲得できる仕事えらび
今日はフリーダムにライターと家事をする日です。こんな一日の過ごし方ができることに感謝しつつ今日はちょっぴりマジメに書いてみます。

ライターは自由人にぴったりのお仕事です。私は1年前までは、平日にOLさんとして事務仕事をしていましたが、月曜日から金曜日の決まった時間働くよりも、多くの時間を割いてでもやりたい仕事をやり抜く生活に変えてみました。

<生きていけるかな>

しっかりと福利厚生の整った会社を辞めて自由な道へ進むのは、ある意味でとってもこわい危険な橋渡りです。私はやりたいことはハッキリしていたものの大したスキルもなかったため、きちんと稼げるかも分からず勇気のいる決断でした。

実はプライベートの変化もあり、今まで勤めていた大きな会社を辞めざるを得なかったという経緯もあります。大変なことでしたが、こんな機会でもなければ私には到底できない決断だったかもしれないので今となってはこの出来事に感謝しています。

<突き進んでみよう>

まずやりたい仕事から採用試験を受けてスタートした新生活でした。自分で選んだ仕事は予想以上に楽しくて、すぐにのめり込むことができました。好きこそものの上手なれ、とはよく言ったものですね。とはいえ、もちろんいろんな仕事内容があるわけで得意分野以外の仕事内容はおぼえるのに一苦労でしたが・・・。

そんなこんなで楽しく始めた自由業ですが給与面では前の会社に劣るため、もう少し稼ぎたいと感じた翌月から記事代行業者でライターを始めることにしました。採用して頂けたときは嬉しかったものの初のダブルワークにドキドキです。うまくこなせるかしら~と不安もいっぱいでしたが、それ以上に楽しみは大きかったのを覚えています。

というのも、足りない分のお給料を稼ぐためだけでなく、将来やりたいことに繋げるためのスキルを身につけたい!というもう一つの理由もあったからです。スタート時点から、できないなりにやる気だけは満々でした。今でも、上司にもモチベーションの高さだけは認めるって言われています。(苦笑)

<ダブルワークのいいとこ>

それからの生活は怒涛のように過ぎていきました。どちらの仕事も内容を覚え慣れるのにそれなりに時間がかかります。両立は思うほど簡単ではありませんでしたが、2つ仕事を持っているメリットは、どちらかが不調でも一方の仕事で挽回できれば気持ちが沈まないということです。うまく活用すればいつも仕事に対して高いモチベーションをキープできてしまいます。

先に始めた仕事は接客ということもあり、仕事場でのルールも厳しく人間関係に慣れるのも大変でした。一方のライターは通勤がない代わりに自己管理が必要です。納期に追われていることは分かっていても手が動く時と動かない時があります。書いても上司に怒られてしまうこともあり、気が乗らない時もあります。焦りばかりが募ってちょっとブルーな日も出てくるため、メンタル面のコントロールをしなければなりません。

それぞれ異なる大変さをお互いが補うようなバランスで、今は仕事を進めています。毎日上手にこなすのは本当に大変ではあるのですが、充実感はとても大きくて私にとってこのライフスタイルの選択は間違いではなかったな、と感じています。

自分にとって今がベストじゃないかも、と違和感を持って生活しているなら違った選択肢を探すのもアリではないでしょうか。案外、自分が感じる良いバランスの日常は人とは違うおもしろい形かもしれませんよ!・・・という、未熟な自由人による悪魔のささやきでございました。

掛け持ちだからこそできる!目指せ「クリエイト働きマン」

掛け持ちだからこそできる!目指せ「クリエイト働きマン」

今日は接客業のお仕事の日でした。週に3~4日ほど、とある施設の中で、立ちっぱなし~・喋りっぱなし~・笑いっぱなし~、という3つの業務をしています。

ライターはおうちでパソコンとにらめっこするものなのでジャンルは全く異なりますが、この相反する2つのお仕事を並行することで、頭や体のいろんな筋力を自分にとって心地よいバランスで使えているなあ、と最近はありがたく感じています。

<立ちっぱなし~>

施設の案内業務をするときにお客様を見ながら、安全に運営できているかな、ルールが守られているかな、といったことに気を配りながら接客しています。小さな子も来る施設なのでたくさんの手作りおもちゃを置いており、使われた後は元の位置に戻したりします。抱っこバンドをしたお母さまとお話したり、子供たちと遊んだり、なにごとも起こらなければとても平和なひとときです。

重労働はありませんが、来館される人は様々なので奇声を発する方もいればいたずらっこ達が走りまわる時もあるので意外に気を抜くことはできません。2時間弱立ちっぱなしの時もありますがいつでもお客様と会話できる環境なのでさほど辛くない時間です。

<喋りっぱなし~>

施設見学に来てくれた団体のお客様には説明をつけて一緒に施設を見て回るツアーを行っています。ビール工場の案内のようなイメージですが、この仕事中はお客様への案内の文言を伝え続ける、喋りっぱなしの1時間です。あっという間に時間が過ぎるのですが、終わった瞬間に心地よい疲労感があります。覚えている同じことを伝えていますが一回一回がライブなので気を抜くことができない緊張感があります。

小学生のお客様とは少し仲良くなれた頃に解散するのでなんだか名残惜しいような、だからこそ思い出に残る1時間に仕上げようと思えたりもする貴重なひとときです。婦人会などのご年配の方にはお付合いいただく時間がたいくつなものにならないように精一杯の知識をお伝えしようと考えるので毎回それなりに気を遣うツアータイムでございます。

<笑いっぱなし>

受付業務で入館証の発行を行うお仕事もありますが、とにかく常に口角を上げて笑顔で対応することが基本と言われており、一番緊張感のある空間です。次に来るお客様の情報をあらかじめ頭に入れておいて、ご来館されたらすぐにお繋ぎする対応の速さが必要となります。

情報を頭に入れて次に切り替えてという作業を行っていると、ライターの仕事を思い出してしまいます。インプットしてアウトプットする職業はボケやすいとも言われますのでダブルでその習慣を行っている私はかなり気を付けなければ危ないかも・・・ですね。

そんな普段のお仕事の合間にも、ウェブライターのことが頭をよぎります。お客様とのお話の流れの中に今日書く内容のヒントがあることもしばしば、ネタの切り口を思いついてメモすることもあります。どんな結論に持っていこうかな、なんて構成を少し練ってみることもあれば、休憩時間に見た下読みを思い返し、あのニュアンスはこの表現に変えようと考えることもあります。

座りっぱなしで誰とも話さず笑うこともないライターの仕事といえば、世間と切り離された1人きりの空間で進めるもの。一見楽しくなさそうにも感じるライター職ですが、実は接客中にも考えてしまうくらい夢中になれるお仕事なのです。今度の記事のネタに使えるかな?と日常にアンテナを張るようになり、少しずつライターが生活に浸透しているのを感じます。

もっとライティングと密にかかわる生活で、クリエイティブな発想ができる自分になり
たい!と思いながら生活している、いつでもライターなのでした。

メバチコでもだいじょうぶ。病に負けない「働きどころ」

メバチコでもだいじょうぶ。病に負けない「働きどころ」

今日は感染性結膜炎という目の病気にかかりながらの執筆を進めています。思い返せば5日前、0歳の娘が保育園からおいわさんのような顔で帰ってきたのが始まりでした。

<いつものメバチコ>

遺伝ですが、私も2人の娘も体調の悪さが目に出やすい体質です。風邪を引く、熱が出ればすぐに目元にも反映され、赤みを帯びてはれぼったくなってしまいます。5日前もいつものメバチコだと思いかかりつけの病院に行き、新しい点眼薬をもらいました。

すると次の日、さらにはれぼったくなった0歳の娘をみてちょっとこれはおかしいかも、と感じて再診にいきました。いつもなら翌日には引いていることが多いのでおかしいと感じたのです。そうして発覚した感染性の結膜炎はアデノウィルスという鼻やのどにも影響のある病気でした。今の流行りだそうです・・・。

<みんなでメバチコ>

そしてここから、みるみるうちに家族へ感染していきました。アデノウィルスの感染性たるやおそろしいものです。使うタオルも洗濯もすべて別にしなければならなかったようで、対策をしていなかった我が家はあっという間に家族全滅でした。

そして私は接客業をしているのでお化粧でごまかし、ごまかし出勤しています。いや、同僚にもお客様にもきっとばれていますが。普段よりも残念なお顔と分かっていながらの出勤はなんとなく気分が沈みテンションも上がらず、顔も伏せがちになってしまうものです。そんな影響力のある目の腫れなのです。

<ライターに支障なし>

しかし一方で、おうちでできるウェブライティングのお仕事は全く問題ありません。どんなにメイクがのらない時でも執筆できるところがメリットです。多少目はしんどいですが、人の目を気にせず少々の顔の不調も笑い飛ばしながらお仕事できてしまいます。

上司とはスカイプで連絡をとりますが、顔を映さないのでこちらも迷惑をかけることなく気兼ねせず会話して、いつも通りに仕事をすすめることができるのです。体力温存しながら取り組めるライティング職はおこちゃまと一緒に生活していて常に病気と隣り合わせのお母様にもピッタリなものなのです。

他にも体調にあまり自信がないなーという人には、在宅ワークスタイルでウェブライターのお仕事を始めてみるのも選択肢の一つかもしれませんね。単なるおうち好き、インドア好きの私のような陰キャラにもライター族はぴったりで手放せないお仕事です。

さあ、結膜炎なんぞに負けず、パソコンとにらめっこして締め切りに間に合わせようっと。病人ライターではありますが、文字を通してなら感染しないのでご心配なく!
.